株式会社ジェイ・サイエンス・ラボ

「 For the Customer 」を合言葉に。
お客様のニーズにお応えすることで広く社会に貢献していきます。

初心者のためのガスクロ講座 第3回 検出器とは?

初心者のためのガスクロ講座TOP

検出器とは、ガスの濃度を電気信号に変換する部品です。ここで変換した電気信号をクロマトチャートに反映させ、山や谷のような1本線が描かれるわけです。
それでは図を見ながら、具体的にどのようにクロマトチャートに波形が描かれるか勉強しましょう。

 


①はじめは検出器にはキャリヤーガスしか流れていません。このとき、検出器から出力する電気信号(一般にほとんどの場合、微小な電圧)は、0.1Vくらいにしておきます。

 


②物質Aが検出器に流れてきました。すると検出器から出力する電圧は0.7Vくらいに上がりました。物質Aが通り過ぎると、再びキャリヤーガスのみが流れることになるので、出力電圧は0.1Vくらいに戻りました。

 


③物質Bが流れてきました。今度の出力電圧は0.4Vくらいまで上がりました。②と同じように、物質Bが通り過ぎると出力電圧は0.1Vくらいに戻りました。

 

以上が、検出器のおおまかな役割です。なお、検出器には様々な種類があり、それぞれ違った特徴を持っています。

 

検出器の種類について代表的な検出器として

・熱伝導度型検出器 TCD(Thermal Conductivity Detector)
・水素炎イオン化型検出器 FID(Flame Ionization Detector )
・炎光光度検出器 FPD(Flame Photometric Detector )
・電子捕獲型検出器 ECD(Electron Capture Detector)
  
等があげられます。
次回から、これらについて詳しく見ていきます。
 
 

【前回講座へ】   【次回講座へ】