株式会社ジェイ・サイエンス・ラボ

「 For the Customer 」を合言葉に。
お客様のニーズにお応えすることで広く社会に貢献していきます。

初心者のためのガスクロ講座 第8回 温度について

初心者のためのガスクロ講座TOP

温度の単位


温度とは、暑さ、寒さなどをわかりやすく数値として表したものです。
最も一般的な単位は「℃」ですね。これは、「水が凍る温度を0、蒸発する温度を100」と定義づけて数値化した単位です。ガスクロの世界でもやはりこの「℃」の単位がよく使われます。
次に有名なのが「K」(ケルビン)です。これは、絶対零度を0とした温度単位で、「0K=-273.15℃」と定義されています。これは、0K=-273.15℃とすると、1Kと1℃の目盛りの幅が等しくなるので、とてもわかりやすくなるからです。

 

温度ってどういうこと?

温度についてもう少し詳しく勉強しましょう。
私たちが吸っている空気の中にも、私たち自身の体も、とても小さな原子、分子で構成されています。それらの分子、原子は常に動いているのです。気体であれば、空中を飛び回っていたり、水ならば氷の状態であっても、分子はブルブルと震えている状態なのです。温度とは、それらの分子、原子の運動状態の活発さを表す指標なのです。
例えば、暑い日は空気中の分子がとても活発に飛び回っており、寒い日は暑い日に比べて飛び回る速度が遅い、のようにとらえるとわかりやすいですね。そしてその分子の運動エネルギーを感知し、私たちの肌が「暑い」や「寒い」と感じたり、温度計が気温として数値で示したりするのです。
ちなみに、絶対零度とは上記のような分子・原子の運動が止まってしまう状態のことです。温度は分子・原子の運動状態を示す数値ですので、止まってしまえばそれ以下の数値は表すことができません。ですので、0K=-273.15℃以下の温度はない、ということになります。

温度と化学反応

温度と化学反応は非常に密接な関係にあります。例えば、紙の温度を上げると燃焼したり、水を100℃にすれば、蒸発したり(物質の状態変化)します。
ガスクロは、第一章で述べたように大気中の空気などを採取して測る時もあれば、何かを高温で熱し、そこから発生する物質を計測する、という使い方もあります。そのような研究機関で活躍するため、温度管理・制御を行う様々な機器が世の中にはあるのです。
  

【前回講座へ】   【次回講座へ】