製品の概要

硫黄分析専用機JMS10

Pregl微量分析法を基本原理とした有機元素分析装置。

オペレーションスタートから約60分で分析可能となり、1検体8分で分析が可能。

固体から液体まで幅広い試料分析が可能となり、様々な分野でご使用頂けます。

※PC制御が可能なJMS12も御座います。

燃焼系
開放型試料導入口により、燃焼残渣が燃焼管に蓄積せず、クリーンな状態を保ちます。
タイマー機能
ON-OFFタイマー標準装備により、効率よく分析が可能。
応用分野
食品、肥料、飼料、動物、醗酵、燃料、臨床医学、化学工業等。

資料・ダウンロード

  • なし

製品の仕様

測定元素
硫黄
検出器
NDIR(半導体型非分散赤外計)
測定精度
絶対誤差±0.5%以内(CHNSOで構成される有機物)
試料量
一般有機物:1000~3000μg
分析所要時間
1検体8分(標準設定)
安定時間
オペレーションスタートから約60分で分析可能
キャリアガス
ヘリウム(99.99%UP)
助燃ガス
酸素(99.99%UP)
    反応系試薬
    燃焼管:線状酸化銅
    還元管:サルフィックス
    タイマー機能
    ON-OFFタイマー標準装備
    その他機能
    誤動作警報、分析開始報知、自動停止機能、自己チェック機能搭載Windows OS 32bit(x86) (XP,7対応)
    電源仕様
    AC100V/50.60Hz/2.5kVA
    製品寸法・重量
    装置本体:800(W)×555(D)×470(H)mm、約60kg
    操作部:275(W)×345(D)×115(H)mm、約10kg
    プリンタ:160(W)×170(D)×66.5(H)mm、約1kg