製品の概要

GC202

医療用ガス分析計

医療用ガス分析専用ガスクロマトグラフ

特長
・操作性の追求
 医療用ガス(酸素・窒素・亜酸化窒素)の純度試験が簡単に正確に
 行えます。
・日本薬局方に準拠
 分析法は日本薬局方第十六改正(平成23年4月施行)に準じてい
 ます。
・熱伝導度型検出器にサーミスタを採用
 酸素ガスにより酸化されることのないサーミスタ素子を採用してい
 ますので長寿命です。
・省スペース設計
 専用機ですのでコンパクトな設計です。またデータ処理装置が装
 置上に設置できます。*データ処理装置はオプションです。

資料・ダウンロード

製品の仕様

検出器
熱伝導度型検出器(サーミスタ 2素子)
最小検出濃度
N2 0.05%以下
    キャリアーガス流路
    シングル流路:定圧弁、圧力計による制御
    恒温槽
    強制熱風循環方式(50±5℃内部設定)
       検出器、カラム、サンプリングバルブを収納
    カラム
    MS-5A 3m (シリカゲルカラムと交換可能)
    試料導入
    手動切換バルブによる導入(1ml計量管)
    消費電力
    AC100V 50/60Hz 300VA
    寸法
    405(W)×215(H)×460(D)mm
    重量
    約18kg
    必要作動部品
    ・データ処理装置または記録計
     ※記録計にはオプションのアッテネーター(感度逓減器)が
         必要です。
    ・ヘリウムガス(純度99.99%以上)および減圧弁
    ・標準ガスおよび減圧弁
    ・ガス配管(外径1/8inchのステンレスパイプ)