製品の概要

GMK-201 シリーズ

ガス臭除去システム

株式会社チューケン・グループの博士 松原英隆所長のご指導により株式会社ジェイ・サイエンス・ラボが 開発した酒類の原酒中に含まれるガス臭を除去するシステムです。原酒の酒質を損なうことなく不快臭の原因 であるガス臭のみを除去します。ラボ用(実験室向き)に、小規模で試験を行うためのミニサイズのカラムが 接続できるように設計された小型のガス臭除去システムです。

特長
・ポンプと除去カラムを一体化した省スペース設計です。
・除去カラムの交換時期は一目で分かり、ワンタッチ操作で簡単に
 交換できます。
・操作性、機能性を重視した設計で、サンプルの交換などの操作は
 誰でも簡単に行えます。
・酒類の酒質を損なうことなく不快臭の原因となるイオウ成分のみ
 を除去します。
・使用後の装置のクリーニングが簡単に手早く行えます。
・定流量ポンプを使用していますので、安定した流量が得られます。
・1本のカラムで10L程度以上の酒類の処理ができます。

資料・ダウンロード

製品の仕様

    送液ポンプ
    送液方式:ダブルプランジャー往復動方式
    最大吐出圧力:5.0MPa
    設定流量範囲:0.1~50.0mL/min(常用20mL/min)
    流量設定 表示:UP/DOWNキーおよびデジタル表示
    1ヘッド吐出量:154μL
    カムストローク:4mm
    流量安定性:±0.3%
    接液部材質:ステンレス
    ドレインバルブ/ドレインポート:試料液置換用
除去方式
カラム吸着方式(特許出願中)
除去カラム 寸法
約150mm×12.5mm(id)
除去カラム交換
カラムホルダーによるワンタッチ交換
電源
AC100V 200VA
寸法
305(W)×415(H)×370(D)mm