ホーム 製品一覧 CO2吸脱着試験装置

CO2吸脱着試験装置

特長

CO2吸脱着試験装置はCO2低減の研究に関わる実験装置です。 吸収液にCO2ガスを吸着させ、排出ガスに含まれるCO2をできるだけ少なくするという研究に使われております。さらに、CO2を吸収した液は、加湿することによりCO2を脱着させ(吸収液を再生)、再度使用できます。

  • 試験用のCO2ガスの流量・濃度はマスフローコントローラ等で精度良く管理され、排出ガスのCO2濃度はNDIR等の分析計で常時測定が可能です。

  • 過去の実績として以下の研究内容がございます。

    ①吸収液の性能(特性)の把握。(流量、圧力、温度などによる特性)
    ②吸収塔の構造(気液接触部の構造、充填物の特性など)
    ③吸収液の寿命
    ④再生塔の構造 など。

  • 以下の様々なご要望にお応えいたします。

    ・吸収液や吸収材を加熱再生する機構の付加。
    ・ガスの加湿、温度・流量の測定(複数ポイント)。
    ・タンクやポンプの設置。
    ・自動運転機構やデータロギング機能。
    ・その他ご要望。

  • お打合せにより詳細仕様を決定いたします。