ホーム 製品一覧 コンパクト汎用ガスクロ CGC-001

コンパクト汎用ガスクロ CGC-001

特長

機能を絞り単一分析に特化した省スペースGCです。
ルーチン分析に、実験、研究に最適!
見やすい液晶パネルの採用により簡単操作で複雑な分析に対応できます。

  • TCD又はFID専用の小型単用機でパックドカラム専用機です。

  • 汎用機としてはコンパクトで、特に装置幅が300mmと非常にスリムな設計です。

  • 注入口の有無を選択でき、なしの仕様ではガスサンプラー等ドッキングすることでシステムとして使用可能です。

  • 専用機としての使用やルーチンワーク、研究用に最適です。

  • アナログ式の流量制御方式の採用と実績の技術で装置の耐久性を追求しました。

仕様と詳細

  • 共通仕様

    ・検出器        : TCD、FID、T-TCD
    ・カラム恒温槽     : W180×D160×H265mm
    ・カラム恒温槽温度範囲 : 室温~300℃
    ・キャリヤーガス流量制御: 定圧弁制御
    ・安全機構       : 過熱防止機構を標準装備
    ・寸法         : W300×D525×H520mm
    ・消費電力       : AC100V 50/60Hz 1.5kVA
    ・重量         : 約40kg

  • 検出器仕様:CGC-001T(熱伝導度型検出器)

    ・検出器        : 熱伝導度型検出器(TCD)
                  タングステンフィラメント
                  
    60Ω 4素子、半拡散型
    ・最小検出量      : H2 0.5ppm(Arキャリヤー)
    ・検出器温度      : 室温~300℃

  • 検出器仕様:CGC-001F(水素炎イオン化検出器)

    ・検出器        : 水素炎イオン化検出器(FID)
                  印加電圧 約300V
    ・最小検出量      : n-C12 2×10-12g/S
    ・検出器温度      : 室温~300℃

  • 検出器仕様:CGC-001TT(サーミスタ式熱伝導度型検出器)

    ・検出器        : サーミスタ式熱伝導度型検出器(T-TCD) 
    ・最小検出量      : H2 50ppm(Arキャリヤー)
    ・検出器温度      : 室温~120℃

  • 注入口仕様

    ・注入口        : ゴーストレス注入口
    ・キャリヤーガス制御  : 定圧弁(0~400kPa)
    ・温度範囲       : 室温~300℃
    ・安全機構       : 過熱防止機構を標準装備

  • 必要動作部品

    ・データ処理装置    : 0~1Vを入力可能なもの
    ・キャリヤーガス    : He/N2/Ar等(99.999%up)
    ・H2          : FIDのみ(99.999%up)
    ・加圧空気       : FIDのみ(コンプレッサー等)
    ・分析カラム及び取付具
    ・減圧弁及び配管
    ・シリンジ等

参考資料

製品の動画