ホーム 製品一覧 消化ガス分析計 GC220

消化ガス分析計 GC220

特長

消化ガス分析計 GC220

下水処理場に於いて、下水汚泥等の処理方法の一つとしてバクテリアの作用で有機物を分解し、最終的にメタン、二酸化炭素を主成分とする消化ガスにガス化する方式があります。消化ガスは燃料として再利用できるため資源回収としても有効です。消化ガスの組成、ガス生成量を監視することは、汚泥の消化状態を把握するための重要な指標となっています。

  • 消化ガス中のO2、CO、CO2、N2、CH4を測定する事ができます。

  • 通常2回の分析を必要とする、O2、N2、CH4、CO、CO2の分析を、1回のサンプリングで同時分析ができます。

  • 電源ONするだけで、誰にでも簡単に操作できます。