ホーム 製品一覧 データ処理装置クロマトデータステーションJC2000

データ処理装置クロマトデータステーションJC2000

特長

データ処理装置クロマトデータステーション JC2000

ガスクロマトグラフ用のデータ処理装置です。
クロマトの解析、クロマトの保存と再生、クロマトの拡大縮小、各種定量計算、外部機器の制御等の機能選択、操作が簡単にできます。また、測定結果表や自動PDF保存等、様々なオプション機能に対応しています。
標準で2チャンネルの独立したデータ処理ができるのはもちろんですが、2チャンネル同時処理、同時印刷もできます。また、2チャンネルのデータを取込みながら、保存されているクロマトグラムを読込んで画面上で再処理することが簡単にできます。(オプションで4チャンネル仕様も用意しています。)

仕様と詳細

  • A/Dインターフェースボックス(USB接続)

    ・ 入力チャネル 2チャネル(4チャンネルオプション)
    ・ 入力レンジ -20mV~+1V  
    ・ 直線性 0.1%以内
    ・ ダイナミックレンジ 106
    ・ サンプリングポイント 20ポイント/sec
    ・ 外部入力 リモートスタート 2チャネル独立

  • I/Oインターフェースボード

    ・ デジタル出力 16チャネル(オープンコレクタ)
    ・ デジタル入力 16ビット(流路読取等)

  • ソフトウェア

    ・ 測定 面積、高さ、半値幅、簡易理論段数等
    ・ 処理ピーク数 1000ピーク
    ・ 同定ピーク数 1000ピーク
    ・ 波形処理 分離/不分離、テーリング、リーディング、負ピーク、積分禁止、強制積分、ベースライン補正等
    ・ 定量計算法 面積百分率、修正面積百分率、内部標準法、絶対検量線法、指数計算法
    ・ 検量線 直線、折れ線、2次、3次曲線(最大8点)