ホーム 製品一覧 元素分析装置 JM550

元素分析装置 JM550

JM550

特長

炭素・水素分析を重量法で行う有機微量元素分析装置です。
検量線を必要としない絶対分析法で個体・液体を問わず試料を200mg燃焼が可能です。
ヒーターは多段階昇温制御で最大8段階まで設定可能です。

  • 試料量を最大200mg分析可能

    固体・液体を問わずに200mg分析が可能

  • 分析精度向上

    炭素=±0.1%、水素=±0.06%を保証

  • 燃焼管内の圧力制御により不完全燃焼を防止

    差圧計で管内圧力を監視し、ヒーターON-OFFを制御し試料を完全燃焼

仕様と詳細

  • 測定元素

    水素・炭素

  • 測定対象

    油多品種、産業廃棄物、etc

  • 酸化炉1

    設定温度範囲 875℃

  • 酸化炉2

    設定温度範囲 625℃

  • プレヒーター

    設定温度範囲 775℃

  • 流量制御部

    酸素:50~500ml/min
    空気:50~500ml/min

  • 燃焼管充填剤

    酸化剤=酸化銅
    S,X除去剤=サルフィックス

  • 分析所要時間

    1検体あたり15分~30分
    (上記は標準条件。延長や短縮は可能)

  • 操作部

    液晶タッチパネル 7inchカラー
    多段階昇温に関する昇温速度、保持時間、冷却時間の入力
    入力は5種類のパターンを記憶し、プリントアウト可

  • 燃焼部

    フラッシュヒーター(カンタル線)
    常温~1000℃
    最大昇温段階数は8段階(速度や時間は任意に設定可)

  • 本体寸法

    1100(W)x500(D)x500(H)

  • 電源部

    AC100V ±5V 40A x 1個