株式会社ジェイ・サイエンス・ラボ

「 For the Customer 」を合言葉に。
お客様のニーズにお応えすることで広く社会に貢献していきます。

オートサンプラーJMA112

製品の概要

特長

有機微量元素分析装置JM11専用のオートサンプラー。
25検体の試料ボートがセット可能で、燃焼後のボートを回収トレイに保存します。自然冷却後は灰分測定等可能です。
試料ボートは、白金ボート、セラミックボートの2種類が使用可能。
JM11オートサンプラーの中では、灰分回収を主とした分析の際用いられます。
(※25検体以後の分析では保存しているボートを取り除いて下さい。)

 

  • 灰分回収
    試料ボート全自動回収機構により、灰分測定が容易に行えます。
  • 操作性
    試料ボートをセットすれば連続25検体分析可能。旧製品より、連続検体数が増加しました。

参考資料

試料ボートセット数
25検体
試料ボート
白金ボート、セラミックボート
試料トレイ
2枚(25検体用の導入用・回収用)
試料ボート回収
回収トレイ
パージ時間
10sec(固定)
誤動作通知
PCディスプレイにエラー表示、PCアラームによる警報
検体数表示
トレイ位置をデジタル表示
電源仕様
AC100V 50/60Hz(300VA)
製品寸法
400(W)×600(D)×470(H)mm
製品重量
約45kg

製品の構成例

分析装置本体+オートサンプラー (別途PC必要)
=

分析装置本体

オートサンプラー