ホーム 製品一覧 元素分析装置 JM1001CN/HCN/TOC・TN

元素分析装置 JM1001CN/HCN/TOC・TN

JM1001CN/HCN-TC

特長

Pregl-Dumas法を基本原理とした有機元素分析装置。
CN/HCNの機種選択により炭素と窒素の2元素、または水素、炭素、窒素の3元素を同時に測定できます。
個体から液体まで幅広い試料分析が可能となり、様々な分野で使用していただけます。前機種ではキャリヤーガスはヘリウムガス対応でしたが、新たにアルゴンガスに対応しました。

  • 燃焼法 (改良デュマ法) 採用の大容量分析

    試料形態は固体、水溶液を問わずに連続分析が可能です。
    有機炭素分析と全窒素の同時分析も可能です。

  • 分析時間はH・C・Nで10分

    全炭素・全窒素/全水素の同時分析の場合,10分で分析が可能です。
    有機炭素・全窒素同時分析での分析時間も同様です。

  • 自動ガス漏れ診断機能

    装置内蔵のデジタル圧力計でガス漏れを検知し、漏れ箇所を診断します。

  • 灰分回収

    横型燃焼タイプにより、残渣物は試料ボートで回収します。燃焼経路に灰分を残しませんのでクリーニングが不要です。

  • キャリヤーガス切替機能

    機種にヘリウム/アルゴンガスを接続することで技術サポートの訪問なしで簡単に切替可能。

仕様と詳細

  • 測定元素

    JM1001CN: 炭素・窒素
    JM1001HCN: 水素・炭素・窒素

  • 測定方法

    自己積分方式(ピストンポンプを使用)

  • 測定精度

    絶対誤差±0.3%以内(ヘリウム)
    絶対誤差±0.5%以内(アルゴン)

  • 試料量

    有機物 最大500mg
    無機物 最大1000mg

  • 測定範囲(ヘリウム)

    水素: 0.02~10mg(JM1001HCN に限る)
    炭素: 0.2-125mg
    窒素: 0.02-12mg

  • 分析所要時間

    1検体あたり10分(ヘリウム)
    1検体あたり12分(アルゴン)
    (上記は標準条件。延長や短縮は可能)

  • 測定範囲(アルゴン)

    水素: 0.1~10mg(JM1001HCN に限る)
    炭素: 0.1-125mg
    窒素: 0.1-12mg

  • 試料ボート

    ニッケル製 長さ100mm
    (オプション:高耐久性セラミック製を選択可能)

  • 検出器

    熱伝導度検出器(TCD)
    タングステンフィラメント 60Ω 4素子

  • PCアプリケーションソフトウェア

    分析装置の制御、操作、データ処理、自動の立ち上げ/停止が可能
    専用ソフトウェアであるデータ処理ソフトウェア+にて二次式にも対応

  • PC(パーソナルコンピューター)

    Windows OS 64bit (x64) (10 pro 対応)

  • 分析の印刷・プリンター

    WindowsOS対応プリンターと連動可能
    (インクジェットプリンターは標準付属)

  • PC通信

    RS232Cによる相互通信 (Serialポート)

  • 税制改正の対応

    中小企業経営強化税制・固定資産特例に対応

  • オートサンプラー

    連携することで、無人の自動運転が可能 (オートサンプラーは別売のJMA1001が対応)

製品の構成例

分析装置のみ (別途PC必要)

分析装置本体

分析装置+オートサンプラー (別途PC必要)

分析装置本体

オートサンプラー

分析装置+オートサンプラー (別途PC必要)+水分トラップ

分析装置本体(CN)

オートサンプラー

水分トラップ

関連製品