ホーム 製品一覧

PRODUCT

製品一覧

消化ガス分析計 GC220

消化ガス分析計 GC220

下水処理場に於いて、下水汚泥等の処理方法の一つとしてバクテリアの作用で有機物を分解し、最終的にメタン、二酸化炭素を主成分とする消化ガスにガス化する方式があります。消化ガスは燃料として再利用できるため資源回収としても有効です。消化ガスの組成、ガス生成量を監視することは、汚泥の消化状態を把握するための重要な指標となっています。

悪臭物質自動測定システム GBA-202 シリーズ

GBA-202シリーズ

悪臭物質自動測定システム

株式会社ジェイ・サイエンス・ラボが開発した悪臭物質自動測定システムは 悪臭防止法に基づく悪臭物質の測定を自動で行うシステムです。 トラップ管への濃縮・加熱脱着からGCへの導入、データ処理に至るまでの行程を 全自動で行います。従来手間のかかっていた悪臭分析が、誰にでも簡単に行える ようになり、作業効率が数段あがります。